新茶とは、名の通りその年の最初に摘まれたお茶の新芽のことを言います。

静岡県のお茶の場合、「夏も近づく八十八夜・・・」の歌でも知られるように、

四月下旬から五月初旬頃、立春から数えて八十八日目前後に最も新茶の茶摘みが盛んに行われています。

この八十八夜新茶が有名になったのは、科学的な分析や実証がまだない時代から、

私たちのご先祖様達が体験的にお茶の効能に注目していたこと、

合わせてこのころの新茶が秋冬から春にかけて、大地の余分をしっかりと蓄えて、香りと風味も豊かな

新茶の中でも特に良質な新茶であること、

そして、八十八の文字が末広がりで縁起が良いという事が由来と言われています。

お茶に関しての、もっと詳しいお話しは、(財)世界緑茶協会で。

影